【アラフィフ】社会人サークルはクセが強〜い!

アラフィフで独身。彼氏も家族もいなくて、これといった集まりに出かけることもない。友達はいるけど、片手で足りる人数。

…となると心配になるのが老後。

会社を定年退職して、もし働くのをやめてしまったら、一日中…1週間…1ヶ月、誰とも口をきかないんじゃないかと恐ろしくなります。

今でも土日は誰とも会わず、話し相手はネコだけという日があると言うのに。あわわわわ、恐ろしい。

ということで「社会人サークル」に半年ぐらい通ったことがあります。社会人サークルで作ろう、友達の輪!なんてね。

でもね、友達なんてできませんでした。それどころかネットワークビジネスに引きずり込まれそうになったり、メンヘラ女にマウンティングされそうになったりで、ロクな目に合いませんでしたよ。

まずね、ネットワークビジネスの人は、長崎から福岡までわざわざ遠征して来てました。この段階で怪しさを感じるけど、福岡は北部九州では大都会。買い物のためだけに県外から来る人も多いから、「そんなもんか」と納得してました。

で、イケメンの上に聞き上手の話上手。奥さんとも仲良しで3人の子供を育てていらっしゃる。いい人そうでしたよ。いい人としか思いませんよ。

ある日、「参加しいてる医療のプロジェクトの講演会に参加してほしい」とお誘いを受けて行ってみたら…。医療効果があるという「水」の販売会でした。

「ほら!要介護3だったお婆さんが、毎日魔法の水を使った足湯に入っていたら歩けるようになったんです!ほぉ〜ら、ほらほら!」

 

スポンサーリンク

 

会場で流されている動画のワンシーンです。「バカじゃね?」って若者ぶって言いたくなりますよ。

でもね、会場にいる人みんながその「水」を信じる水信者で、身の回りに高額の水を売り付けていて、さらに水を売る仲間を絶賛募集中なんですよ。下手なホラー映画より怖かったです。

完全アウェー状態で、水を買わずに逃げ切る自信がなかったので、講演会が始まる前に「トイレに行く」と嘘をついて逃げ出しました。

ロビーで談笑している水信者をすり抜けて、会場を出て、バスに乗って、バスの扉が閉まるまで、何度後ろを振り返ったか分かりません。まるでゾンビに追われるような気持ちでした。

そして、次はメンヘラ女。リケジョで高学歴の研究者でした。頭の回転が早いから、話題が尽きないので、一緒にいると楽しいし、とても人懐こい。でも、良かったのは最初だけ。

しばらくすると、朝から晩までLINEが来るようになりました。「おはよう。今日は仕事の予定がいっぱい入ってるから疲れる〜」とか、昼休みも「おつかれさま。今日の晩ごはん何を作るの?」とか。

さらに次のステップに進むと、わたしの行動に対して指導するようなことを言うようになってきました。「そんな人とは付き合わない方がいい」「その人はおかしい」とか。さらに、LINE電話までしてくる始末。

友達を作らなきゃと思って1ヶ月ぐらい相手したけど、彼女は確実に人との距離感がおかしい。だんだんと尋常じゃない恐怖を感じるようになって、その恐怖が限界に達した時「もう連絡しないでほしい」と送ってLINEもブロック・友達削除しました。

社会人サークルで友達作ろう!と思ってるそこのアナタ。残念ながら、こういうこともあるっていうのを知っておいてください。ちゃんと知ったうえで参加して、わたしみたいに真面目に友達探そうと思っている人を見つけてください。

ね。