管理人について

スポンサーリンク

はじめまして!よっしーです。

現在、明るいバツイチ独女として、日々仕事や婚活など頑張ってます。

今こそ、こんな風(どんな風?)ですが、貧乏母子家庭に育ち、小さい頃はお風呂に入ることすらままならないような日々でした。

母親は放任主義で、風邪を引いて咳をするわたしに向かって「うるさい!眠れないでしょ!!」と怒鳴りつけるような人。

何回も何回も夜のお店で転職を繰り返し、家でゴロゴロし、口を開けば「自分はかわいそうだ」と愚痴を言い、男にすがって生きている・・・。

おぉ、思いだすと背筋が寒くなります。笑

そんな母を見て育ってきたからか、わたしは働くことやお金への執着が強いです。

男性に頼って生きるなどもってのほか。
結婚してもその意識は変えられず、最終的には転職を繰り返す年下夫に愛想を尽かして離婚しました。

あぁ、やっぱり底辺の家庭で育つと、まともな家庭が築けないのよ。
わたしって人として破綻しているんだわ。

そんな風に自分自身の人格を否定し続けた30代後半〜40代前半でした。

しかーし!独女生活が長くなるに連れて、考え方が変化。

  • わたしって一人ぼっち → 誰でも死ぬ時はひとりぼっち
  • わたしって不幸 → 仕事があって、住む家があるだけで幸せ
  • わたしって友達が少ない(3人) → 表面だけの友達を増やしても意味ない
  • 仕事が忙しくて時間がない → 仕事があるだけ幸せ
  • お金を使うのは悪 → 生き金は使うべき

こんな感じになっちゃってます。

このブログは、かつてのわたしと同じように自分を否定している人、または、今のわたしと同じように吹っ切れている人に読んで、ちょっと共感してもらったり、前向きになったりして欲しいと思って書いています。

拙い文章と絵ですが、どうぞよろしくお願いします!

令和元年11月 よっしー