【子宮筋腫】リュープリン注射を打つ場所

子宮筋腫の手術前に打つリュープリン注射。

注射する目的は、子宮筋腫を小さくして腹腔鏡下手術をしやすくするためです。

初めてリュープリン注射を打つ前は、打つ場所が分からず不安でした。

腕?ひょっとしてお尻?もしかして、診察台で子宮に直接打つとか!?苦笑

初めて経験する時ってそんなもんですよね。

 

スポンサーリンク

 

実際は、おへその斜め下あたりでした。(卵巣付近を狙ってる感じ?)

リュープリン注射を打つときは、別途に横になった状態になります。

注射のサイズも普段よく見るような注射と同じぐらい。

ちょっとチクッとするだけであっという間に終わります。

怖がらなくて大丈夫ですよ~。