孤独死予備軍におすすめの漫画「ひとりでしにたい」

コロナ禍ではハマっていること。それはネットで無料漫画を読むことです。

もうすぐ50歳にもなろうかと言ういい歳した大人が堂々と「無料漫画にハマってる」と言うのは小っ恥ずかしいけど、意外と楽しいんですよ。

時間を持て余しているおひとりさまに是非おすすめしたい!

サスペンスとかラブロマンスとか。このクオリティで無料!?って感じで、アラフィーでも充分楽しめるコンテンツです。

さて、そんなネットで読める無料漫画の中で、特に孤独死予備軍なおひとりさまアラフォー・アラフィー女性におすすめしたい作品があります。

パルシィというサービスで読める「ひとりでしにたい」です。はい、そのまんまズバリの作品タイトルです。笑

 

スポンサーリンク

 

孤独死する前後の状況から、独身が迎える老後の問題まで幅広い内容で網羅されています。軽妙なタッチで所々ギャグも織り交ぜられているので、全く堅苦しくありません。

ただ、年下イケメンが孤独死・老後をネタに食いついてくるというシチュエーションには無理を感じるけど、主人公の心の動きにはめちゃくちゃ共感できます。

孤独死を身近に感じた時に、このままひとりじゃいけない、婚活だ!となっちゃってるところなんて、去年の自分を見るようです。

若い頃にマウントを取るバリキャリの叔母と、歳をとって孫の話でマウントを取る母親。そうだよね〜ってうなずくしかありません。

重い話題を軽く読めて、孤独死予備軍のおひとりさまアラフォー・アラフィー女性には本当にオススメの漫画です。

コロナ禍で時間を持て余している方は、ぜひ読んでみて下さい!