【中古iPad】ゲオで「赤ロム保証」を使った話

スポンサーリンク

8ヶ月前に、ゲオで中古のiPad(au)を買いました。

少しでも安いiPadが欲しかったので、au版で本体のみ(箱なし・備品なし)でネットワーク利用制限は「△(今後、ネットワーク利用制限がかかる可能性がある)」。

中古でスマホなんかを買わない人はピンと来ないと思うのですが、ネットワーク利用制限が「△」ということは、元の所有者の債務が残っている状態です。最初にiPadを買った人の支払いが滞れば、モバイルデータ通信が出来なくなる(Wi-Fiは使える)というシロモノ。

 

スポンサーリンク

 

普通、分割支払い期間は2年間ぐらいと考えると、買ってすぐに売却されたスマホの場合は、2年間モバイルデータ通信が使えなくなる可能性があります。「そんなiPadは絶対使いたくない」と思う人もいるかもしれないけど、ちゃんとしたショップだったら「赤ロム保証」というものが付いているので安心です。

赤ロム保証は、ネットワーク利用制限がかかったら、返金または交換してくれるという保証。ゲオなら赤ロム保証期間は無期限。(赤ロム保証が付いているショップでも、期限が決まっているショップがあるので気をつけた方が良いです)


で、今年3月に購入し、11月まで8ヶ月間は快適に使えていたiPadが、ある日を境に「モバイルデータ通信の設定をしてください」というようなメッセージがちょいちょい表示されるようになりました。

おかしい…と思って、ネットワーク利用制限の状態を見てみたら、みごとに「×(ネットワーク利用制限中)」。アイタタタ、ヤラレタ。

赤ロム保証を使って返金と交換のどちらにするか迷ったけど、交換にしました。返金を選ぶと、購入時に獲得したポイント分も減らされてしまうからです。

<ゲオの返信(抜粋)>

当店にて同機種同色の代品をお探し致しまして交換にてご対応させて頂くことも可能ではございますが、以下5点につきまして予めご了承いただきたく存じます。

1.交換商品の確保、取り寄せ、検品等にてお日にちを頂きます。
※期間は在庫状況、商品状態により異なるため事前にご案内致しかねます

2.交換商品捜索の結果、最終的に代品がご用意できませんでした場合は
ご返品・ご返金とさせて頂きます。
※異なるお色や異なる機種との交換は商品管理上対応できませんのでご了承願います (その場合はご自身で他機種をご購入頂きました後に本商品のご返品をお願い致します)

3.お手元の商品につきましては、初期化後先にサポートセンターへ 着払いでのご返品をお願い致します。

4.交換商品のネットワーク利用制限は「△」の可能性がございます。
※お届け後すぐに「×」となる可能性もございます。

5.交換後の保証期間は、最初の商品をお受取り後30日間となります。
※交換商品をお受取り後30日間に延長はされませんのでご注意くださいませ。赤ロム保証は期間問わずご対応致します。

気になったところは、返品に関する記載です。交換品がいつ見つかるかわからないのに、手元のiPadを先に返品してしまわないといけないのなら、それはめちゃくちゃ不便すぎる。

 

スポンサーリンク

 

交換品を捜索してほしいという返信をする際に、ゲオに「交換品が見つかってから返品にしてほしい」と要望したら、快く受けてくれました

そして、捜索開始後から数日で交換品が見つかったという連絡がきました。

<ゲオからの連絡>

交換商品が到着しまして検品させていただきましたところ液晶画面中央右側くらいに微細ではございますが、小さな傷が確認できました。
ご利用いただくには差し支えないかと思われますが、お客様のご意向をお伺いさせていただきたく存じます。

なんて丁寧なの!!!背面の傷なら良かったんだけど、イラストを書くので画面の傷はちょっと気になる。

ってことで、別の交換品にしてもらうよう依頼。それから1週間程度で新たな交換品が見つかり、無事にiPadを交換してもらうことができました。

ゲオに問い合わせをしてから、iPadの交換が完了するまでの期間は2週間と少し。

ゲオのサポートセンターの対応も良くて、ゲオで買って良かったなと思います。新しく届いたiPadのネットワーク利用制限は「△」だったけど、「×」になったらゲオに連絡すればいいわけだし。

ただ、わたしはiPadを頻繁に外へ持ち出さないから2週間かかっても平気だけど、そうじゃない人は返金の方がいいかもしれないです。