【初心者園芸】挿木や剪定はやってみると面白い

スポンサーリンク

ベランダで花を愛でることにハマっています。笑

園芸店で苗を物色して、「日当たり・半日当たり」「頑丈」「初心者向き」と書いてある苗を買ってきては、ちょいちょい植えています。

ド素人のわたしは、2ヶ月ほど前までは花が咲いたら枯れるまで咲かせっぱなしでした。でも、花は剪定した方が、枝分かれして増えるという大雑把な知識を知ってからは、ちょっと枯れかけた程度でガンガン切ってます

こちらポンポン菊。丸くて可愛らしい花が咲く菊です。

 

 

ネットで「剪定した方が丸くこんもりと咲かせることができる」という記事を読んだので、「そうかそうか」って手加減知らずでやっちゃいました。おかげで「丸くこんもり」以前の問題になっています。

 

スポンサーリンク

 

で、ここの茎は意図せず「挿木」に成功しました。芽の出ているところを触ってたら、ポキっと折れてしまい、「蕾があるから捨てたくないな〜」と思って、その場にブスって挿してみたら育ちました。笑

 

 

そして、台風直後に塩害で枯れてしまったシマトネリコは、ネットで対処方法を調べてみたら「水で塩を洗い流せば元に戻る」とのこと。

なるほど。

水でシマトネリコにジャンジャン水をかけて塩を流した後に、10cm程度を残して一気に剪定。もう芽は出ないんじゃないかと思いましたが、4ヶ月後にはそれなりの見た目になりました。

 

剪定後に小さな芽を見つけたときは、とても嬉しかったですね〜。

挿木も剪定も、気楽に気長にやってみると楽しいもんです。